パルシステム東京限定の指定便と定期便の違いを比較|対象エリアや特徴

パルシステムの離乳食

私は、長年パルシステムや他の食材宅配を利用しています。

パルシステムには、東京エリア限定で、日時が指定できるサービス「指定便」があります。

食材宅配をもっと便利に活用できる方法をと、パルシステムの指定便について調査したので情報を共有させてください。

今回は、パルシステムの「指定便」が気になっている方のためにサービス内容について解説した記事です。

CHECK IT OUT

指定便の対象エリア

下記指定便対象エリアなら、「定期便会員」・「タベソダ会員(アプリ注文)」・「指定便会員」という3つの選択ができるということです!

すみえ

「指定便」の対象エリアは、基本、東京都

ただし、一部対象外の地域や地域により、配送曜日が限定されているところも。

エリア対象外の地域
西多摩郡桧原村、西多摩郡奥多摩町、青梅市御岳山、島しょ部地域

また、配送曜日が限定されている地域もあります。

月・水・金曜日より選択可のエリア
  • あきる野市
  • 青梅市の河辺町、新町、末広町、友田町、野上町以外
  • 西多摩郡日の出町
地域により選択できる曜日が異なるエリア
八王子市

指定できるお届け曜日と時間帯

指定できる曜日は、土日以外の平日。(先に挙げた曜日限定エリアを除く。)

時間帯は、下記の、9時~20時までの5つの時間帯を選べます。

  • 09:00-12:00
  • 12:00-14:00
  • 14:00-16:00
  • 16:00-18:00
  • 18:00-20:00

「定期便」と「指定便」の併用も可能

「定期便」と「指定便」は、一緒に使うことができますが、それぞれで加入登録が必要になります。

また、定期便、指定便、それぞれに出資金(※下記表参照)が必要です。

え?それぞれ必要なの?って感じがしますが、出資金は退会時に戻ってきます。

すみえ

「定期便」と「指定便」の料金比較

定期便 指定便
出資金 1,000円 1,000円
パルシステム手数料(利用金額~税込4,999円) 180円(税込) 300円(税込)
パルシステム手数料

(利用金額税込5,000~11,999円)

150円(税込) 0円
パルシステム手数料

(利用金額税込12,000円以上)

0円 0円
商品価格 「定期便」より0%~4%の範囲で高い価格設定
手数料優遇制度 キッズ特典などの手数料優遇制度あり なし
「指定便」は、配達は任意なので、毎週注文しなくてもOK。
好きな時に、利用できるのがメリットですね。

すみえ

Q&A
Q:「指定便」利用の場合、日時を指定するから、必ず在宅しないといけないの?
A:不在でもOK!不在の場合は、玄関前(または指定の場所)に留め置きしてもらえます。

「定期便」と「指定便」のサービス内容比較

その他、サービスの違いは、下記表を参考にして下さい。

「定期便」 「指定便」
注文から配達までの日数 1週間 最短3日後
商品数 約2,000種類 + 生活雑貨類 (配達日の1週間前)

約1,500種類

(配達日の3日~5日前)

約900種類

カタログ あり なし
注文方法 注文用紙提出

インターネット注文(アプリでの注文含む)

電話注文

インターネット注文のみ

その他、加入特典に違い(定期便の方が若干お得)があります。

定期便は、商品のラインナップが、毎日の食品の他、季節のごちそうや、日用品チケット、雑貨など約2,000種類と豊富です。

一方、指定便は、商品数は、定期便ほど豊富ではありませんが、生鮮食品をメインに、生活に必要な商品を取り扱っています。

指定便の注文は、インターネットのみなので、カタログは届きません。

支払方法は、どちらも、口座振替かクレジットカードです。

すみえ

指定便は、定期便より若干費用が高めなので、日時を指定したい方、あまり利用しない方、このサービスを特に利用したいという方以外は、定期便利用がおすすめ!

定期便で、利用したくない週がある場合は、事前に申請すれば、定期便でもお休みは可能です。

その他、パルシステムについての詳細やお試しセットについては、下記の公式サイトを参照ください。

CHECK IT OUT
パルシステムの離乳食【パルシステムの口コミ・評判】利用して感じたメリット・デメリット